部活動・生徒会

運動部活動に係る方針

1.はじめに

国の「運動部活動の在り方に関する総合的なガイドライン」及び佐賀県の「運動部活動の在り方に関する方針」を踏まえつつも、高等学校段階の運動部活動生徒は中学生より心身が発達し、目的意識が強い中で、生徒の発達段階や競技レベルに応じて多様な形で最適な実施を目指すものである。
また、運動部活動が教育的な意義と効果があることを踏まえ、生徒の実態や指導にあたる部活動顧問の負担、本校の状況にあったバランスが取れた適切な運営体制を構築する。この際、できるだけ短時間に効率的・効果的な活動になるよう量から質への転換を図るものとする。

2.運動部活動に係る基本方針

  1. 部活動は学校教育の一環として実施する。
  2. 部活動で心身を鍛え充実した生活を築こうとする自主的な態度を育てる。
  3. 技術・競技力を向上させるだけでなく、部活動を通して、豊かな人間性を育み、生涯教育の一環として継続する資質や能力を育てる。
  4. 全国大会・九州大会への出場機会の増加を目指す。

3.活動時間等について

(1)活動時間

  • 平日は概ね3時間、休日は午前か午後かのどちらか概ね4時間を限度とする。
  • 長期休業中の活動時間は学期中に準じる。
  • 定期考査前1週間は、部活動休養日とする。
    ただし、校長は1か月以内に公式戦がある場合、短時間の活動を認めることができる。


(2)休養日

  • 平日に1日。
  • 隔週で、土曜日又は日曜日の1日(週末に大会があった場合は、翌週の週末の1日)。
    ただし、この期間に活動する必要がある場合は休養日を平日に振り替える。
  • 長期休業中の休養日は学期中に準じる。


(3)大会参加について

運動部顧問は、高体連主催、各連盟主催、関係団体主催など多くの大会が開催されていることから、生徒及び運動部顧問の負担軽減や生徒に与える教育的意義、生徒の心身の健康等に配慮するため、参加する大会等の精選に努める。


(4)その他

  • 合理的でかつ効率的・効果的な活動を行う。
  • 運動部活動の指導にあたっては、生徒の心身の健康管理と事故防止の徹底を図る。特に、夏季の運動部活動においては、熱中症事故防止の徹底を図る。
  • 部活動顧問等の指導者は、いかなる理由があっても、部活動での指導で体罰等を正当化することは誤りであり、決して許されないものであるとの認識を持ち、体罰等のない指導に徹する。

4.保護者の理解と協力について

保護者の理解と協力は、部活動の運営上欠かすことができない大切なことであることから、顧問としての指導に関する基本方針・練習計画・活動時間・休養日等を明確にし、保護者に示すこととする。

5.強化指定の運動部活動について

本校で強化指定する部活動についても上記3を原則とするが、校長は強化練習、強化合宿等への参加にあたり、臨機に練習時間、休養日の変更等を認めることができる。

ページTOPへ