学校案内

校訓・教育目標

校訓

motto.jpg


創造  -Creativity- 知性をみがき自己表現を目指す若者であろう。
躍動  -Sprit- 個性豊かで明るく元気な若者であろう。
貢献  -Contribution- 高い志をもって社会のために役立つ若者であろう。


教育目標

 建学の精神(「産業界の第一線に貢献する人材の育成 」)と校訓(「創造」「躍動」「貢献」)を尊び、いかなる時流においても生き抜く力を身につけさせる教育を実践します。


21.4.15.png


◎ 本年度の重点目標

 60数年にわたって築かれた伝統を継承するとともに、未来に向けて更なる学校の活性化を図ります。そのために、佐賀学園では、生徒一人ひとりの人間力の向上を真ん中に据えた教育の実践を図り、生徒一人ひとりに寄り添いながら、次の3つの心を育てていこうとしています。


 ・自分の未来=夢に向かって勉学や部活動に打ち込み、自己を高めていく心

 ・基本的生活習慣・社会的マナー・服装等を正し、自らを律する心

 ・人との絆を大切にし、人の心の傷みや苦しみを思いやれる優しい心


 本年度のキャッチフレーズは「心一つにみんなで創る佐賀学園」としました。生徒一人ひとりの「人間力」が高まり、それが大きなまとまりとなった時、佐賀学園は大きく飛躍します。



◎ 日々の取組み

 (授業)

・教職員が日々自己研鑽に努め、授業のねらいを定め、板書計画や発問等を準備した上で、分かる授業、生徒を惹きつける授業を実践します。電子黒板も積極的に活用し、令和4年度からの「生徒一人一台タブレット導入」に向けて、新時代の教育の在るべき姿を模索します。


 (部活動)

・部活動加入率を高め、その充実・強化については今後も更に力を注ぎます。文化部・運動部を含め、5部以上が県レベルで1度は優勝することを学校の目標とします。更なる高みを目指し努力する姿勢こそ生きる力につながると考えています。


 (人権教育)

・人権・同和教育の充実を図り、差別を許さない心や、障がいのある方・在留外国人・LGBTなど様々な人々との共生を受け容れる心を育んでいきます。


 (キャリアデザイン)

・週1時間の「総合的な探究の時間」において、生徒一人ひとりが将来の自分の生き方をデザインできる力を育んでいきます。学年ごとに、進路ガイダンス、大学・企業訪問、産業界の第一線で活躍する方の講話、インターンシップなど、年間計画に織り込み、様々な実践に取り組みます。


 (SNSに関しての指導)

・スマートフォンなどを使って、不適切な情報発信をすることで人を傷つけ、逆に、自分が誹謗中傷を受けることもあります。また、誤って、出会い系や犯罪に誘うサイトなどにつながってしまうことで大きな被害を受けることもあります。生徒を守るために、ネット社会の危険を周知し、SNSの利用について常に注意喚起をしていきます。


 (英語教育)

・本年度から、全クラス週1時間はALTの授業を受けられるようにします。中学生や地域の方向けの、本校職員による佐賀学園英会話スクール(仮称)を開講したいと考えています。
ページTOPへ