学校案内

理事長・校長からのメッセージ

理事長からのメッセージ

年度当初のごあいさつ  「創立60周年」

理事長 笠慶宣


 本年、佐賀学園高等学校は創立60周年を迎えました。孔子は「修養を積んで六十の時には何を聞いても素直に受け入れることができるようになった」といっています。また、60年は人間でいえば還暦にあたる長い歳月です。

 本校は、1958年(昭和33年)「産業界の第一線で貢献しうる人材を育成する」という建学の精神のもと開校されました。佐賀県内唯一の私立の商業高等学校として、実学を重んじる教育を実践し現在に至っています。その伝統は二万名を優に超す卒業生によって受け継がれてきています。そして「進取とチャレンジ精神」という「佐学魂」によって、全国津々浦々で社会に貢献しています。

 では「貢献する」とはどういうことなのでしょうか。「貢献する」とは、人の役に立つこと、人によろこばれること、人に感謝されることではないでしょうか。人の役に立ち、人から喜ばれ、人から感謝されることこそが貢献というものと思いますし、そのことによって、いい人間関係も築くことができると思います。

 学校においても、仕事の場においても、貢献するということを中心に置くだけで、あらゆることが前向きなものに変わってくると思います。そうして、自ら誠心誠意、額に汗して何事にも取り組むことによって「あなたでなくてはならない」という存在になっていくと思いますし、社会に貢献する人材となっていくと思います。

 そしてそこには、自ずと品位・品性・品格という風格がにじみ出てくるでしょう。品位とは、見る人が自然と尊敬したくなるような気高さ、上品さをいうのではないかと思います。品性とは、その人の心に潜む倫理観や道徳心が表に現れたものであろうと思います。そして品格とは、自然と頭の下がる魅力のある人や社会といえるでしょうか。

 佐賀学園高等学校の生徒として社会に貢献しうる人材となり、品位・品性に磨きをかけ、品格のある人や学校になることが、創立以来佐賀県民の方々が寄せられた本校への願いであり、私の願いでもあります。

 新しい校舎も完成しました。気持ちも新たに、生徒諸君と先生方が一体となって「進取とチャレンジ精神」を伸ばし、人間としての魅力作りに励んでいこうとする皆さんを佐賀学園は待っています。


平成29年4月
理事長 笠 慶宣


校長からのメッセージ

年度当初のごあいさつ  「能力の差は小さい、努力の差は大きい、継続の差はもっと大きい

校長 梶原彰夫


 今年は、例年よりやや遅い桜の開花となり、満開の桜の中で、平成29年度の始業式並びに入学式を行いました。新入生302名を新たに佐賀学園高校生として迎え、全校生徒数764名、教職員80名で平成29年度の佐賀学園高等学校がスタートいたしました。生徒の皆さんには新年度を迎えるにあたってまず目標を設定すること、そして、それに向かって努力をすること、努力していてもすぐには結果が出なくても自分を信じその努力を続ければきっと、目標は達成できることを「能力の差は小さい、努力の差は大きい、継続の差はもっと大きい」の言葉に込め、教室掲示することにしました。このことを実践する中で、佐賀学園高等学校に集うすべての者にとって実り多い年になることを願っています。今年度は1月末に完成した新体育館を始め学校全体が新しくなり、最新の施設・設備の中で、学業、部活動、学校行事、学級活動に思いっきり活動することができると思います。本校生徒がすべての教育活動に積極的に取り組むことで、豊かな人間力の構築と21世紀を生き抜くために必要な学力を育んでくれることを期待しています。


 今年の重点目標は次のように設定しました。  

 2万人を超える卒業生によって築かれた伝統を継承するとともに、更なる学校の活性化に向けて全教職員が一丸となり、「生徒一人一人に寄り添い、伸ばす教育」の実践を行い、社会で活躍する人材を育成するために、次の8点を重点目標に掲げ、生徒の「人づくり」のために邁進する。

①基本的生活習慣を定着させ、授業・部活動・学校行事および生徒との面談等を通して生徒の内面への指導を

 充実させ、遅刻・欠席・問題行動・転退学者の減少を図る。

②分かる授業の実践および基本的学習習慣の定着を図ることで基礎学力の定着と学力向上に繋げ、学校生活の

 充実を図らせる。そして、進路実現100%を目指す。

③ボランティア活動の推進、生徒の服装容儀等のマナーアップにより、地域に信頼される学校づくりを目指

 す。

④学校行事、学年行事、ホームルーム活動の充実により人間力の向上を目指す。

⑤生徒一人ひとりの個性を大切にし、また、家庭との連携を密にするなどきめ細かな指導で、入学させた生徒

 全員を卒業させることを目指す。

⑥商業系生徒の資格取得の向上、特に英語検定の上位資格取得を目指す。

⑦清掃活動を重視し教育環境の整備に努める。

⑧部活動の加入率を向上させ、各種大会で上位を目指す。

 保護者の皆さん、地域の方々、これらの重点目標が達成できますように、ご指導・ご鞭撻・ご協力・ご支援をよろしくお願いします。


平成29年4月

校長 梶原彰夫

ページTOPへ