学校案内

校歌

佐賀学園高等学校校歌

作詞 栗原荒野、作曲 月川雅敏

北天山の峰高く
のぼる朝日の影はえて
草原遠くかすむとき
誠ごころの一すじに
知徳を研き身をきたふ
学徒われらの胸おどる
楠の大木の葉がくれに
古き歴史の跡をうけ
むつみ親しみ励み合ひ
新しき代の中柱
身に負ひ持ちて国興す
学徒われらの意気高し
みのりゆたけき筑紫野の
大地に立ちてたまゆらの
時をも惜しみ苦をしのぎ
実業わざ学びつつ
世界に通ふ道を行く
学徒われらに光あり

校歌の制定について

佐賀学園の校歌は、佐賀藩の山本常朝・田代陣基による「葉隠文書(はがくれもんじょ)」研究の第一人者の郷土史家・栗原 荒野先生に作詞をお願いしました。
作曲は当時(昭和33年)NHK福岡放送局の音楽指揮者をされていた月川 雅敏先生の手によるものです。

ページTOPへ