お知らせ

本校の新型コロナ感染状況と学校の再開について(1/23 17:20)

2021/01/23

 本校で新型コロナのクラスターが発生しましたが、濃厚接触者及び非濃厚接触者のPCR検査については、本日を以て一旦終了となりました。その結果、現時点で、女子生徒5名(2年生3名、1年生2名) と男子生徒3名(2年生1名、1年生2名)、及び職員1名に陽性反応がありました。なお、非濃厚接触者としてPCR検査を受けた者はすべて陰性でした。本校関係のPCR検査数等については、別表を御覧ください。


 保健所とも協議の上、今後、陽性者は回復後、また濃厚接触者で陰性だった者も2週間の自宅待機・経過観察を経て、通常の生活に戻ります。このことと併せて、1/19(火)~1/22(金)を自宅学習期間としていた学校の再開については、1、2年生については、2日間生徒の健康状況を確認した上で、1/27(水)から学校再開とします。3年生については、陽性者が出ていないので、当初の予定通り1/25(月)からとします。但し、登校の際は必ずマスクを着用し、発熱はもちろん風邪等の症状など体調不良の生徒は登校を控えるよう指示しています。


 さて、この度の本校のクラスター発生については、生徒、保護者のみならず、広く皆さま方に御迷惑や御心配をおかけしていることを深くお詫びいたします。ただ、感染状況を見るかぎり、陽性または濃厚接触者とされたのは、今のところ、特定の部活動関係者等に限定されています。

 

 皆さまの心に留めておいていただきたいことは、今回、ひたむきに部活動に打ち込んでいた生徒たちが、ウィルスに感染し、身体の健康が損なわれただけでなく、心も深く傷ついていることです。陽性になった生徒たちだけでなく、本校生徒の多くが重苦しい空気を感じていると思います。私としても、この状況を一刻も早く克服し、生徒・職員すべてが健康で安全な学校生活を送り、学校としての活力を取り戻せるよう、再度、感染対策を徹底したいと考えています。


 皆さまも御承知のとおり、本年度はコロナ感染の影響で授業ができない日々が続きました。また、部活動の全国大会や、商業の検定試験などが数々中止なりました。学校祭も縮小、宿泊研修や修学旅行も中止しました。このような状況に耐えて、多くの生徒たちはよく頑張っていると、私は思っています。高校生は人として、まだまだ成長の過程にあり、いろんなことに躓いたり、学ばなければならないことも多いと思いますが、何卒、未来を担う若者たちを、期待と温かい眼差しを以て見守っていただきますよう、深くお願い申し上げます。

 (校長 福地昌平)


  生 徒 職 員
  陰性 陽性 陰性 陽性 陰性 陽性
濃厚接触者等 45 8 53 4 1 5 49 9 58
非濃厚接触者 215 0 215 30 0 30 245 0 245

 ※濃厚接触者には発症後検査した生徒も含んでいます。


ページTOPへ